大阪大学法科大学院 未修特別選抜 面接対策

f:id:law-information2019:20190920154211j:plain

2020年度大阪大学法科大学院未修特別選抜の受験者の方が
厚意により、面接等の内容について教示くださいました。
情報量も少ないので、今後の受験生はぜひ参考にしてください。

そして情報を提供くださった質問者さんには、本当にありがとうございます。
殆ど情報がないため、後の受験生のためにとても役に立つでしょう。

首都圏主要大学ロースクール設備等調査(中央大学法科大学院編)

f:id:law-information2019:20190908010802p:plain

中央大学法科大学院の設備調査報告が出来ましたので、添付いたします。

進路決定の参考にしてください。

なお、客観的指標に基づく、筆者による相対評価等については、以下の資料を再度掲載します。

f:id:law-information2019:20190908011834p:plain

自習室項目を追加いたしました。

C評価付けているため、twitter上では他ブログ管理人さんからの承諾を得られた画像につきましては比較画像を添付しております(中央自習席と都立大自習席の比較)

https://twitter.com/LSconsultant19/status/1170370613707341829

 

2020年度入試首都圏主要ロースクール設備・制度比較+一橋大学法科大学院概要考察

2020年度入試対応版 首都圏主要ロースクール制度比較表を更新しました。f:id:law-information2019:20190908011834p:plain

今回については一橋大学法科大学院について調査結果詳細を記載します。

なお他のロースクールの今年度版については後日記載しますが、評価等の根拠が気になる方は、昨年度作成のロースクール毎の制度比較表を参照願います。

f:id:law-information2019:20190811232020p:plain

f:id:law-information2019:20190811232108p:plain

OBOGや現役生の協力の下で、更新が出来ました。

受験生は進学校決定の参照にしてください。

 

【8月22日一部速報追加】次回更新予定:一橋大学法科大学院入試対策(演習書等ツール)

次回は一橋大学法科大学院入試対策について記載いたします。
一般人男性さん等、一橋大と縁のある方々の協力を得て・彼らの情報を纏めて行います。

が、、、建前だけでなく
真に入試問題を分析をした上で、理由をつけ、意味のある・実効性のある
本当に合格してもらうための受験対策について記載します。

そのため、1週間程度の期間限定の記事といたしますので、ご了承ください。

なお、ロースクール説明会に参加して一般人男性さんと直接会話し、試験の情報交換をされた方は
同じ内容をブログで書きますのでご安心ください。

ブログ記事更新の際は、Twitterにて前もって伝えますが
盆前後とお考えいただけると幸いです

藤沢

追加】
早めに知りたい方用に、概要を記載した質問箱へのリンクを貼りつけておきます。根拠についてはそのうちに。

https://peing.net/ja/q/e0aaa61b-bee9-4230-b372-593e01a4cbd3

2019年度ロースクール入試および定員充足率について(ロースクール入試情報)

昨年度のロースクール入試資料(法科大学院特別委員会)が公表されました

 

・各法科大学院の平成31年度入学者選抜実施状況等

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo4/041/siryo/__icsFiles/afieldfile/2019/06/28/1418533_009.pdf

f:id:law-information2019:20190803170756p:plain

f:id:law-information2019:20190803170928p:plain

 

・志願者数の推移

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo4/041/siryo/__icsFiles/afieldfile/2019/06/28/1418533_008.pdf

法科大学院修了認定状況

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo4/041/siryo/__icsFiles/afieldfile/2019/06/28/1418533_010.pdf

 

 

これらの情報を要約すると以下の通りです

 

・2019年度入学者 定員充足率平均0.83(昨年比+0.13)

 

以下具体的に

・2019年度入学者 定員充足率1.00を充たしたロースクール(表記順)

国立:一橋大学(1.05)、大阪大学(1.21)、琉球大学(1.19)、

私立:専修大学(1.04)、明治大学(1.20)、関西学院大学(1.20)、甲南大学(1.30)

 

・同 充足率0.9以上1.00未満の水準であったロースクール(以下充足率略)

国立:筑波大学東京大学京都大学広島大学九州大学

公立:首都大学東京

私立:学習院大学上智大学、法政大学、早稲田大学

 

・同 充足率0.8以上0.9未満の水準であったロースクール(平均程度)

国立:東北大学名古屋大学神戸大学

私立:関西大学

 

・上記記載校を除く、主要ロースクール定員充足率

慶應義塾:0.76 中央大学:0.56 愛知大学:0.50 同志社:0.66

大阪市立大学:0.67 北海道大学:0.52 千葉大学:0.45

 

 【考察】

2019年度の入試は、全体として見れば志願者数・倍率・入学者数等ともに回復。

志願者数については概ね四年前程度の水準(しかし10,000人は届かず)、倍率については平成24年度入試と同程度の水準に回復しました。

これは、

①立教や青学等の実績の出なかった法科大学院が淘汰され、ロー自体の数が減ったこと

②定員数等の削減により受入枠が狭くなったこと。

適性試験の廃止、

④社会人出身者に対する社会保障制度の拡充(教育訓練金の対象化等)が挙げられると考えます(社会人項目参照)


このような影響もあって、

(昨年度2月の甲南大学ローの撤退発表以降)今年度4月以降、ロースクール撤退等の発表はありませんでした。


制度改革を見据えて、今年度については撤退方針を転換させたことも考えられます。

(もっとも、定員充足率や法科大学院給付金等の水準を見ると、今後も撤退・淘汰がないとは言い難いと考えます)。


主要ロースクールの入試出願情報の発表は間もなく始まります。

8月中旬以降の入試状況を引き続き見ていきたいと思います。

一橋大学設備情報

一橋大学設備情報について、入試説明会に参加できなかった方用に案内いたします。(館内画像については一橋大学法科大学院HPより引用)

入試時期の一橋大学近隣風景・キャンパス風景(入試時期のイメージ)なお入試は西キャンパス本館で行われます
f:id:law-information2019:20190805221510j:plain
f:id:law-information2019:20190805221628j:plain
f:id:law-information2019:20190805221746j:plain

法科大学院の場所について
法科大学院は東キャンパス内にあるマーキュリータワーにあります。
授業で用いるのは高層棟(1階・2階)、事務局等は二階・三階にあります。


・自習スペースについて
①低層棟の1階から3階のオープンスペース(画像はロー設立当時のもの。今はこんなに綺麗ではないとのこと)
f:id:law-information2019:20190803220242j:plain
法科大学院資料室(図書館)
③東2号館(学部と共用)
f:id:law-information2019:20190803234056p:plain
④中央図書館(学部と共用)
f:id:law-information2019:20190803221136j:plain
⑤研究室(既習・未修コースとは別々の部屋。学年別。既習はクラス毎に配分)

その他、高層階各層のオープンスペースを利用する方(ゼミも同様)もいます。


・机について
研究室の机については引き出しが完備されていますが、他方オープンスペースの自習室(自由席)については、簡単な引き出しを除き、事実上ない状態です。(画像参照願います)
ただし、1つあたりの机の幅は他のローと比べるとかなり広いようです。

・ゼミについて
ゼミについては、主に空き教室や、高層棟のオープンスペース、中央図書館のゼミ部屋を使う方が多いです。

・留年率について
既習出身の方は、過去のデータを見る限り、基本的に留年は出ていません。在学中に予備試験合格して辞める方もいるようです。
また、仮に期末テストに失敗しても、追試受験が可能なので、そこで救済されています。
そのため、既習出身者の留年については、基本的にはないように思います。

・エアコン管理について
エアコンについては、低層階自習スペースについては、集団管理となっています。そのため、時に暑いことがあり、そのような時は涼しい法科大学院資料室や外部で自習する人も多いです。
研究室については、モード切り替えについては、例えば4室で共用となっている状態です。
例えば1つの部屋が冷房からドライに切り替えると、他の部屋も連動してしまいます。
これは、大型?室外機が一台で4部屋分管理していることから、冷房等の強弱については部屋毎に変えられても、モード切り替えについては連動してしまうとのことです。
なお温度設定や風量については各部屋で調節できます。

法科大学院資料室について
法科大学院資料室内には、業務用スキャナが二台、コピー機が4台あります。
良い点は、スキャナーの性能でしょうか。
難点は、
コピー機毎に使えるコピーカードが区別されていることです。
入学時(進級毎)に、500度数のコピーカードが支給されますが、生協のコピーカードしか使えないコピー機もあり、この点は難点といえます。

また、
②資料室内の図書については貸し出し不可能
ですが、同じキャンパス内に中央図書館があるので、借りたい場合はそちらを利用することで代用できると思います。